Windows8のDSP版とパッケージ版

Windows 8は、これまでのWindowsと同様、いくつかの販売チャネルを経由してユーザーに提供される。

ハードウェアにプリインストールされて出荷されるOEM版Windows 8は、本年10月26日以降に出荷が開始される予定だ。多くの製品が、Windows 8で新たに搭載されたマルチタッチのUIを生かせるような形のハードウェアと組み合わせて出荷されることになるはずだ。

これは余談だが、従来、OEM版のWindowsはメーカーごと、あるいは機種ごとに共通のプロダクトキーを使用していた。このため同じ製品であれば、どれも共通のプロダクトIDを持っていたのだが、Windows 8からはOEM版であってもそれぞれ異なるプロダクトIDを持つようになるとのこと。ソフトウェア不正使用を防ぐためのアクティベーション機能強化の一環とのことだが、これによってユーザー側で新たにアクティベーション操作が必要になるといったことはない模様だ。

すでにパソコンを使用していて、その上でWindows 8を使用したい場合には、単体販売されるWindows 8のパッケージ(リテール版)を購入することになる。ここで留意したいのが、Windows 7までは単体販売されるリテール版は、何もない状態で新規インストールが可能な「通常版」と、既存OSを使用していることを前提とした「アップグレード版」が存在していたところを、Windows 8ではアップグレード版のみとなる点だ。

このため購入する場合には、アップグレード対象となるWindows(Windows 7/Vista/XP)のライセンスを所有していることが必須となる。ただし、ここでいうアップグレード対象は、前節で説明したインプレースアップグレードが可/不可といった組み合わせのことではなく、あくまでライセンス上の話。既存のパソコンでWindows系のOSを一つも使っていないということはあまり考えられないし、仮にそのような場合でも、後述する「DSP版」を購入すればよい。

リテール版の場合、海外では「Windows 8」へのアップグレードも提供されるが、国内で提供されるのは「Windows 8 Pro」へのアップグレードのみとなる。DVDメディアをパッケージに収めて店頭販売されるもののほか、マイクロソフトほか、主要なオンラインサイトで販売されるダウンロード版もある。また、これらとは別に、Windows 8を購入したユーザー向けに、「Windows 8 Pro」へとアップグレードを行う「Windows 8 Pro Pack」と呼ばれる製品も用意される。

自作パソコンなどに新規インストールして使用する場合など、アップグレード元となるライセンスを所有していない場合には、「DSP版」を使用する。DSP版は、パソコンショップなど、主にパーツ類を扱う店頭などで販売されていたバージョンで、Windows 7までは、特定ハードウェアとセットで販売されることが前提となっていた。

Windows 8のDSP版では、こうした「特定のハードウェアとのセット販売」という制限は撤廃され、単体でも購入可能となる。リテール版で新規インストール可能な通常版が廃止となったこと、Hyper-VのゲストOSで使用する場合には新規インストール可能なライセンスが必要となることなどが主な理由だろう。

リテール版では32bit版/64bit版が同梱され、どちらか一方をセットアップすることが可能だが、DSP版ではこれまでと同じく32bit版と64bit版が別製品となる。このため購入する際にどちらかを選択する必要がある。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です