Windows8&8.1でセーフモード(F8)を起動する方法

セーフモードはオペレーティングシステムのよく知られた特殊状態のWindows用診断モードです。セーフモードではWindows OS唯一のオペレーティングシステムで必要とされる最小限のドライバとサービスを提供しています。機能の最小限のセットをロードすることにより、 セーフモード根本原因を特定し、Windowsオペレーティングシステムの問題のトラブルシューティングに役立ちます。このような障害のあるデバイスドライバとして、 破損したソフトウェア、 ウイルス感染やマルウェアの攻撃など通常の起動からPCを防ぐことができます。 またはWindowsが不安定になるときに使用します。

 

Windows 7、Windows Vista、Windows XPともっと以前のバージョンに対応するWindowsサーバと異なって、セーフモードに入るのがとても簡単でした。BIOS起動画面後にキーボードの「F8」キーを[詳細ブート オプション]が表示されるまで連続して押下すると、セーフモードを選択できる画面が出ます。ただしWindows8でのブートプロセスが改善され、キーストロークが200ミリ秒未満に短縮を読み、F8キーに対応する期間がなくなり、ハードウェアとソフトウェアの最適化に固定してきました。換言すれば、 Windows 8のブートプロセスがユーザーに対して速すぎてF8キーを押すところに中断になります。多くのWindows8とWindows8.1のユーザーは特にSSD上で実行されていて、 F8ファンクションキーは、もはや高度なブートオプションになり、時間がかからずセーフモードに入るようになりました。

 

その問題を認め、MicrosoftはWindows8では自動フェイルオーバーになりました。つまり、Windows回復環境(WinRE)は内部でブートオプションメニューに直接行くことができます。Windowsが複数回検出されるたびにそうでない場合は、Windowsをロードするから、PCを維持するという問題があることをWindows回復環境(WinREは)内部ブートオプションメニューに直接移動しますか、PCは実際には使用できない場合にもかかわらず、ブートが成功します。

 

しかし、手動で他の設定を構成するには、セーフモードまたは高度なブートメニューに取得したい場合はどうなりますか? または必要としてマイクロソフトが構築された自動フェイルオーバーソリューションは(セーフモードには触れずに)は動作しませんか? マイクロソフトでは確実にセーフモードを入力するために頼ることができるオプションをいくつか設計しました。 下記の方法を使用するとセーフモードに入るなど、利用可能なオプションがありますので、ブートオプションメニューにブートするために要求されたファーストステップであることに注意してください。(詳細は下記)

Windows8・8.1販売価格情報をチェック!

 

方法1:Windowsシステム構成からセーフモードを起動する

1.「Windows」キーを押しながら「R」キーを押し、表示された一覧から「ファイル名を指定して実行」をクリックします。

2.「名前」ボックスに「msconfig」と入力し、「OK」をクリックします。

图片1

  1. 「ブート」タブをクリックし、「ブートオプション」欄の「セーフブート」にチェックを入れて、「OK」をクリックします。

图片2

 

  1. 「システム構成の変更を有効にするには、再起動が必要な場合があります。…」というメッセージが表示されます。「再起動」をクリックします。

 

セーフモードで起動する設定を通常起動モードに戻すには、手順1から操作を行い、手順3の「システム構成」画面で「ブートオプション」欄の「セーフブート」からチェックを外して、「OK」をクリックします。手順4で「再起動」をクリックすると、次回からパソコンが通常モードで起動します。

 

方法2:Shiftキーを押しながら再起動する

Shiftキーを押したまま「電源」をクリックし「再起動」を選択すると、再起動時に「オプションの選択」画面が表示されます。(チャームバー、スタート画面またはWindows8快速アクセスユーザーメニューから電源ボタンをアクセスできます。)

 

方法3:「PC設定」からセーフモードを起動する

1.画面右下隅をポイントし、マウスポインターを上方向へ移動させます。チャームが表示されたら、「設定」をクリックします。

  1. 「設定」のオプションが表示されます。「PC設定の変更」をクリックします。「PC設定」が表示されます。「保守と管理」をクリックします。
  2. 「保守と管理」が表示されます。「回復」をクリックし、「PCの起動をカスタマイズする」欄の「今すぐ再起動する」をクリックします。

图片3

方法4:shutdownコマンドを使用する

「ファイルを指定して実行」から、

 

shutdown /r /o /t 0」

 

と入力すると、起動オプションの選択画面に直行出来ます。

batファイルを作成してもOKです。

 

方法1を除いて上記の手順はすべて詳細ブートオプションメニューからセーフモードにmenu.Getting Windows 8のブートオプションを開くことができますが、さらにいくつかの手順が必要となります。下記のとおり:

1.「オプションの選択」画面で「トラブルシューティング」をクリックします。

图片4

  1. 「トラブルシューティング」が表示されます。「詳細オプション」をクリックします。

图片5

  1. 「詳細オプション」が表示されます。「スタートアップ設定」をクリックします。

图片6

  1. 「スタートアップ設定」が表示されます。「再起動」をクリックします。

图片7

5.再起動後、画面に表示オプションを選択する番号またはファンクションキーを使用しています。オプションの中に利用可能なは以下の通りです。(セーフモードオプションには斜体で書きました。)

F1 or 1 – デバッグを有効にする

F2 or 2 – ブートログを有効にする

F3 or 3 – 低解像度ビデオを有効にする

F4 or 4 – セーフモードを有効にする

F5 or 5 – セーフモードとネットワークを有効にする

F6 or 6 – セーフモードとコマンドプロントを有効にする

F7 or 7 – ドライバー署名の強制を無効にする

F8 or 8 – 起動時マルウェア対策を無効にする

F9 or 9 – 障害発生後の自動再起動を無効にする

图片8

Windows 8インストール後、ブートメニューもModernスタイルの画面になるが、旧スタイルを使いたい場合、簡単に切り替える事が出来る。デスクトップでメニューを開き、「コマンドプロンプト(管理者)」を実行する。管理者権限でコマンドプロンプトを起動し、次のコマンドを実行します:

 

bcdedit /set {default} bootmenupolicy legacy

 

「bcdedit」を実行し、「bootmenupolicy」が「legacy」になっている事を確認します。これで起動時旧スタイルのメニューになります。F8を押せば、詳細メニューが表示されます。

 

图片9

次のコマンドを入力すると元に戻ります。

 

bcdedit /set {default} bootmenupolicy standard

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です