• office2013
  • Office2013のサインイン、クラウドサービスを無効/有効にする方法

Office2013のサインイン、クラウドサービスを無効/有効にする方法

クラウドサービスに向けた素晴らしいプッシュでOffice 365のサブスクリプションを通じてオフィス2013(SaaS型)のようなソフトウェアが利用できるサービス、マイクロソフトがいくつかの組み込みのクラウド機能を備えたオフィス2013の生産性アプリケーションを強化しました。

图片1

图片2

オフィス2013のクラウドサイン特徴

エクセル2013、ワード2013、パワーポイント2013、OneNote2013、Visio2013年などが含むアプリから直接にファイルを開く能力、またはクラウドロケーションにファイルを保存します。クラウドのメイク統合がより簡単が特徴で、 オフィス2013を内蔵するサイン、ユーザーがMicrosoftアカウントでログインできるようにする機能(すなわちホットメール、OneDrive、Office 365)または組織のアカウント(Office 365、Active Directory、SharePoint、Lync)、マイクロソフトのオンラインサービスにアクセスし、Officeファイル、テーマや設定、オンラインと複数のデバイス間で同期されることを可能にします。

また、サインインオプションがいくつかに煩さがありますが、他のマイクロソフト製品を使用するときにもログインが必要とされます。

たとえば、Windows8またはLync2013のように、自動的にあまりにもオフィス2013年のログをトリガすることができるこれらの製品にログインします。たとえば、Windows8またはLync2013のように、オフィス2013も同じく、自動的にトリガしてもよく製品にログインします。

Office2013にサインインに熱心ではないなら、クラウド統合機能を利用する予定がなく閲覧することができます。

OneDrive(以前のSkyDrive)やSharePointのように開くまたはクラウドロケーションに保存します。ガイドに従って、オフにするやオプションサインインを無効にし、そしてすべてのクラウド機能を提供します。

オフにするやOffice2013にサインインするとクラウド機能を無効にする方法

1.レジストリエディタを実行します。

2.次のレジストリキーにナビゲートします。

HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Office\15.0\Common\SignIn

3.右側のペインで、[SignInOptions]を探します。

4.レジストリの値をダブルクリックまたは右クリックして[変更]を選択します。

图片3

5. オフィス2013のアプリを再起動します。

●別の方法

ダウンロードそして以下のレジストリ登録エントリファイルをオフにし、Office2013ユーザーがサインイン:off-office2013-signin.reg

图片4

 

オフィスに2013サインインそしてクラウド機能を有効にする方法

1.レジストリエディタを実行します。

2.次のレジストリキーをナビゲートします。

HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Office\15.0\Common\SignIn

3.右側のペインで、[SignInOptions]を探します。

 

4.レジストリの値をダブルクリックまたは右クリックして[変更]を選択します。

5.オフィス2013のアプリを再起動します。

別の方法

ダウンロードそして以下のレジストリ登録エントリファイルをオフにし、Office2013ユーザーがサインイン:off-office2013-signin.reg

 

[SignInOptions]の設定値によってユーザーに与える影響を示しています:

0.ユーザーはどちらのIDでも、サインインしてOfficeのコンテンツにアクセスできます。

1.ユーザーはMicrosoftアカウントでのみサインインできます。

2.ユーザーは組織によって割り当てられたユーザーIDでのみサインインできます。

3.ユーザーはどちらのIDでもサインインできません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です