• windows8
  • Windows8.1のスタート画面で電源ボタンを表示/非表示にする方法

Windows8.1のスタート画面で電源ボタンを表示/非表示にする方法

Windowsの8.1にいくつかのユーザーエクスペリエンス機能強化が追加されました。

適用による新機能の一つとして、スタート画面右上に電源ボタンのショートカット追加があります。

検索ボタンとユーザーアカウントも一緒に表示されるようになりました。

图片1

電源ボタンをタップまたはクリックするとシャットダウン、再起動、スリープの選択があります。

もしチャームバーやクイックアクセスパワーユーザーメニューなどを介して、 お使いのコンピュータまたはスイッチユーザーを休止状態をするには、別にスタート画面に電源ボタンの必要がないかもしれません。

さらに、 スタート画面の電源ボタンは、Windows8.1をアップデートした後に表示されるべきである場合があり、 いくつかの理由でそれが表示されない場合もあります。

次に、スタート画面の電源ボタンを表示または非表示にする方法をご紹介します。

 

Windows8.1のスタート画面で電源ボタンを非表示にする方法

1.ファイル名を指定して実行、RegEditと入力

2.次のレジストリキーを開きます。

HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\ImmersiveShell

3.ImmersiveShellキーを右クリックし、メニューから新規 -> キーとクリックし、キー名を「新しいキー #1」から「Launcher」に変更します。

图片2

4.Launcherキーの右ペインを右クリックし、メニューから<新規>→<DWORD値>とクリックし、値名を「新しいキー #1」から「Launcher_ShowPowerButtonOnStartScreen」に変更します。

图片3

5.Launcher_ShowPowerButtonOnStartScreenのデータの値を0のままにし、スタート画面の電源ボタンを非表示にすることができます。

图片4

6.レジストリエディターを終了し、Windows 8.1に再サインインします。

 

代替案 

次のレジストリ登録ファイルを適用し、スタート画面の電源ボタンを非表示にもできます。

Win8-PowerStart-Hide.reg

 

Windows8.1のスタート画面で電源ボタンを表示する方法

1.ファイル名を指定して実行、RegEditと入力

2.次のレジストリキーを開きます。

HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\ImmersiveShell

  • ImmersiveShellキーを右クリックし、メニューから新規 -> キーとクリックし、キー名を「新しいキー #1」から「Launcher」に変更します。
  • Launcherキーの右ペインを右クリックし、メニューから<新規>→<DWORD値>とクリックし、値名を「新しいキー #1」から「Launcher_ShowPowerButtonOnStartScreen」に変更します。
  • Launcher_ShowPowerButtonOnStartScreenのデータの値を1に設定すると、スタート画面の電源ボタンを表示にすることができます。
  • レジストリエディターを終了し、Windows 8.1に再サインインします。

 

代替案 

次のレジストリ登録ファイルを適用し、スタート画面の電源ボタンを表示にもできます。

Win8-PowerStart-Show.reg

图片5

無電源ボタンを使用したWindows8.1スタート画面は上の図になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です