最新バージョンAdobe Photoshop CS6とは

Photoshopとは、Adobe社により開発・販売されたビットマップ画像編集ソフトです。日本ではフォトショと略されることがありますが、海外ではPSという略称で呼ばれたりします。

Photoshopといえば画像編集ソフトの代名詞、グラフィックの編集ソフトの最高権威として知られています。

Photoshop Extendedには、通常版のPhotoshopの機能(編集・合成・ペイント)に加え、3D機能やビデオ・アニメーション編集が搭載されています。

通常版はPhotoshopに加えて3D機能が備わった豪華版と言えます。

買い切りでCSを購入しようと考えている方は、Extendedの購入を考えてみてください。

Photoshop以外のAdobe製品でWebデザインを作ろうとするなら、Illustrator・Fireworksが挙げられます。

しかし、Webデザインをするには以下のデメリットがあります。

  • Illustratorは写真加工やエフェクトに弱いため、ところどころのパーツの制作にPhotoshopの力を借りなければならず、Web制作に関しては万能とはいきません。
  • Fireworksはかつてweb制作に最も向いていると言われていましたがCS6まででバージョンの更新を中止されたので、今後Web制作を続けるならPhotoshopのほうがよいでしょう。

 

各アプリケーションの特徴を踏まえると、Web制作にはPhotoshopを使うことをおすすめします。

Photoshopならば画像の作成・写真加工などWebデザインの作業がすべて1つのソフトで済むので、WebをやるならPhotoshopをまず用意すべきでしょう。

 

a1

上の画像はPhotoshopを使ってWebサイト用のボタンを作った作成例です。

Photoshopを使えば、このように効果(エフェクト)を使ってつやつやして立体感のあるボタンを作れます。

 

 

 

このように人目を引きつけ、集客につながるWebショップ用・ブログ用のバナー画像を作ることも可能です。

 

上の画像はPhotoshopを使ってWebデザインを作った作成例です。

Photoshopを使えば、このようにコーポレートサイトを作ることもできます。

 

 

 

上の画像はPhotoshopを使ってブランドサイトのデザインを作った例です。

デザインのテイストもリッチデザインからフラットデザインまでさまざまなものが自在に作れます。

 

Webデザインはコーディングにルールがあったり、デザインには表示幅や実際に表示されるレイアウトを意識しなければならなかったりと、決まり事は多々あります。

しかし、基本的にサイト訪れるユーザーにどう見えるか?というお客様目線を忘れさえしなければ、自分なりにどんどん新しいいデザインの表現を開拓していっていいでしょう。

Photoshopを使って作れる視覚的な表現以外にも、JavaScriptやCSS3を使って動きを取り入れたり、PHPなどのプログラムを組み込んでアクセスランキングや関連記事を表示したりいろいろな方面へのスキルを伸ばしていくことで、作れるコンテンツの幅も広がります。

Photoshop CS6 はAdobe Photoshop の機能をさらに高めた最新バージョンのソフトウェアです。このアプリケーションはAdobe Photoshop がすでに持つ機能に加え、さらに多くの機能を備えます。新しく、さらにパワフルなデザインツールだけではなく、インターフェース内にビデオオーサリングの機能も装備しています。Adobe Photoshop CS6只今激安価格で販売しております。今だけ特別価格¥18,500円で購入できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です