• adobe
  • 初心者は絶対に覚えてほしい!!Photoshop CS6の基本的な操作リスト(一)

初心者は絶対に覚えてほしい!!Photoshop CS6の基本的な操作リスト(一)

Adobeソフトのなかで一番よく利用されると言われたら、絶対Photoshopだと思います。

Photoshopは画像加工、イラストレーション、印刷業界などあらゆる画像分野で使用されており、この分野では代表的な存在です。多機能で、ツールの種類も多岐にわたり、使いこなすまでは経験を積む必要があります。

最初Photoshopを利用する時、いつも小さいなところで2、3時間をかかってやり直して、イライラなってしてきた。

そのテクニックを知らないだけで、大変です。

今回、同じことで悩んでる、Photoshop作業に苦手な人に、サイト用画像などでよく使用される操作を紹介します。

ちなみに、Photoshopは人の習慣によってやり方が違います。

これからメモしているやり方は基本的なので、もっと簡単なやり方があったりするかもしれませんが、大目に見てやってくださいねww。

 

 

1.ドキュメント/ファイルについて

1.1ドキュメントを新規作成する

「ファイル」メニューから「新規...」を選択します。

1.1-1

ファイル名や画像の大きさなどを指定しOKボタンをクリックします。

1.1-2

新規ドキュメントが作成されます。

1.1-3

1.2ドキュメントを複製する

「イメージ」メニューから「複製...」を選択します。

1.2-1

ファイル名を入力しOKボタンをクリックします。

1.2-2

ドキュメントが複製されます。

1.2-3

1.3縦横比を指定して新規作成する

「ファイル」メニューから「新規...」を選択します。

1.3-1

矢印で示す部分をクリックします。

1.3-2

ピクセル縦横比を指定します。

1.3-3

確認のダイアログが表示されます。

1.3-4

右図のサンプルは正円を描いたものです。

1.3-5

ここでピクセル比を1:1の正方形ピクセルに変更してみます。

1.3-6

このように横長になっているのが分かります。

1.3-7

1.4保存した時の状態に復帰する

「ファイル」メニューから「復帰」を選択します。

1.4-1

保存した時の状態に戻ります。

1.4-2

1.5画像ファイルを開く

「ファイル」メニューから「開く...」を選択します。

1.5-1

読み込むファイルを指定します。この時に複数読み込む場合には、コマンドキーを押したまま
ファイル名をクリックするか、SHIFTキーを押したままクリックします。
ファイルを選択したら「開く」ボタンをクリックします。

1.5-2

ファイルが開かれ表示されます。

1.5-3

2.チャンネルについて

2.1 32→8ビットチャンネルにする

「イメージ」メニューから「モード」→「8 bit/チャンネル...」を選択します。

2.1-1

HDR設定のダイアログが表示されます。露光量などを設定しOKボタンをクリックします。

2.1-2

8ビット画像に変換されます。

2.1-3

2.2 8→16ビットチャンネルにする

「イメージ」メニューから「モード」→「16 bit/チャンネル...」を選択します。

2.2-1

16ビットチャンネルの画像に変換されます。

2.2-2

2.3 8→32ビットチャンネルにする

「イメージ」メニューから「モード」→「32 bit/チャンネル...」を選択します。

2.3-1

32ビットチャンネルの画像に変換されます。

2.3-2

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です